台湾政府のコロナ封鎖成功の理由

 

 

明けましておめでとうございますます

今年もよろしくお願い申し上げます。

また、寒中お見舞い申し上げます

 

 

 

ご挨拶が遅れまして誠に申し訳ございません。

オフィス・ミコトの張 陽子 です。

こんな私でございますが今年もよろしくお願い申し上げます。

【昨年に行った台湾・台北の自由広場(中正紀念堂)にて】

 

 

先ほどTBSのニュース特集で台湾がコロナ封鎖成功例として特集されていました。

まずは結論、成功の鍵は徹底した

『透明性』と『情報公開』

日本の政治からは「透明性」は見えません(-.-;)~~~

 

情報公開も無く逆に「情報隠蔽工作」

という言葉が思い浮かびますねます。

 

 

「メディアを通して正確な情報を伝える」

日本の政治家、見習いましょう!

 

 

 

 

「社会全体が共通認識を持って対処」

政府vs市民 では無く政府&市民、

という発想も大切です。

 

 

 

そして何と言っても 指揮官の存在は大きかった。

陳時中 指揮官

 

 

指揮官の真摯な姿勢に国民は打たれたそうです。

毎日記者会見を開き、しかも時間無制限で生中継で放映します。

『陳指揮官に従わないと!』

という意識も市民に芽生えるほど素晴らしい対応だったそうです。

 

 

 

 

信頼できる政府からのメッセージだからこそ従える

頷けます。

 

 

 

 

市民の声をキチンと聴く。重要ですね。

 

日本は政府のごく一部で勝手に決めてしまう。

「自分が動いてもどうせ無理」

と諦めモードでどんどん政治無関心に加速がかかってしまう日本の現状。

 

そうなのです。

「市民本位」

基本です。

「政治家本位」の日本 (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

 

 

さて、紹介が遅れましたが、

台湾のIT大臣オードリー・タンさん

オードリー・タン

詳しくは名前をクリニックしてください。

 

 

 

 

また、台湾はアジアで初めて同性婚が合法になった国です。

 

 

 

 

そして台湾の大統領は女性です。

蔡英文 大統領

(いや、性別は関係ないです)

 

 

 

 

 

 

 

今年2021年は皆様にとって挽回の年、

となりますように…。

Best wishes for wonderful year !

2021年が皆様にとって素敵な年となります様に。

 

 

    次の記事

    尊敬する福元邦雄先生