ウェルカムエイジング / 毎日寝る前に「今日の良かったこと」をメモしよう📝

 

 

 

 

ごきげんよう

オフィスミコト トリリンガル講師のヨウコ・チャング(張陽子)です。

歳を重ねると…、「思考の蓄積」が人によって違うと感じることが多々ございます。

 

どうせ歳を重ねるならハッピーオーラに溢れて、

歳下の方からも(煙たがられず)慕われる存在でありたいものです。

 

 

シワクチャな表情で「マイナスオーラ」を放つ様な存在には決してならないように心がけましょう。

 

シワクチャな表情になってしまう人って…

極度な “マイナス思考” な人ですよね。

 

 

さて、「幸せを感じる習慣」をつけていくと生きやすくなります。

 

本当は恵まれていることも「当たり前」と化してしまいがちなのが実情です。

当たり前になると幸福感は逃げてゆくものです。

 

さて、幸福感に日々溢れる方法は色々とございますが

 

本日紹介するのは

毎日幸せを書き留める」

です。

 

 

皆さんはスケジュール帳はノートですか。

それともスマホのカレンダーに予定を書き込んでいますか?

 

紙のスケジュール帳を使っている人は、そのスケジュール帳に毎日の欄に

『今日、良かったこと、嬉しかったこと、幸せを感じたこと… etc 』

を最低1つ書きましょう。

幾つ書いても構いません。

多ければ多いほど良いです。

良いことは無理矢理でも見つけましょう。

 

当たり前なんでこの世に無いのですからっ!

 

地球の反対側では食べ物も、飲み水も無い処があります。

 

『ランチが美味しかった』

『友達に会えた』

『雨が降るかと思ったら降らなかった』

etc…

 

何でも良いので毎日です、毎日

その日の良かったこと、嬉しかったこと、

毎日書き留めましょう!

 

幸福感を感じる能力を鍛えて、

歳を重ねるごとに幸福感に包まれましょう。

そんな人を次世代は憧れます。

どの世代から見ても素敵な人になりたいものですね。

残りの人生をどう生きたいですか?

 

1度しかない人生を1000%楽しみましょう。